『寶塔山』令和3年12月号

大光寺のお便り、令和3年12月号を作りました。

コロナ感染症の影響は、宗教界にも及び、ご葬儀は多くの会葬者は控えられ、家族・親族・親しい友人による、小規模な葬儀が増加しました。

さらにこの先、今の若者が親の葬儀を出す時代には、もっと大きく変容しているものと推察されます。

そんな中で、お寺様との「お布施トラブル」を聞くことが増えました。

これからの、若い世代でも受け入れられるお寺、葬儀、供養を表題から出している、大光寺としての、【これからの仏事】について書いています。

PDFで見れますので、読んてみて下さい。

率直なご意見、批判でもOK。お声を寄せて下さると有難いです。


スマホで、PDFが見にくい方は、【葬儀・先祖供養など】のページの、中陰逮夜についてのところの、『葬儀に不満をもつと心身に影響が』をお読みください。

文責 大 野  光 法

『寶塔山』令和3年12月号PDF

9174346eda64fe53ff4ec41c21c1c177

434373ea6a9ce7ac6ae8d37c1caec189

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。