今から二千五百年くらい前のお話です。ヒマラヤ山脈の麓に、釈迦国という小さな国がありました。ある夜、お妃のマヤさまは、六本の牙を持った白い像がお腹の中に入ってくる夢をご覧になり、身籠られました。
いよいよお生まれになる日が近づいてきましたので、マヤさまは故郷に帰ることとなりました。その旅路の途中、美しい花の咲き乱れるルンビニーの花園で一休みしようとされていた時に、可愛い男の子がお生まれになりました。あたりには美しい音楽が響き渡り、天の龍神は喜んで、甘い雨、【甘露の法雨】を降らせ産湯とされました。
すると、王子は生まれたばかりというのに、2本の足で7歩歩まれ、右手は天を指し、左手は地を指さして、「天上天下唯我独尊」と仰ったと伝えられます。4月8日のことでした。
やがて王子様は世の人を救うお釈迦様となられました。天の龍神が天から甘い雨(甘露の法雨)を降らせたと伝えられるところから、甘茶をおかけしてお祝いします。
花まつり法要は、お釈迦様のお誕生をお祝いする日でもありますが、私たち一人一人のかけがえのない命を讃え、幸せを願う日でもあるのです。
尚、恒例ですがお昼のおときは「お釈迦様はインドの方だから」という単純な理由からカレーライスを用意してお待ちしております。
※供物のお菓子も用意しております。お子さん、お孫さん連れでご参詣下さい。
※甘茶を持ち帰りられる方は空き瓶などをお待ち下さい。


令和2年から、4月8日ではなく、月初めの日曜日に法要をすることとしました。それは前年が平日で、子供さんたちのお参りが無くて寂しい気がしたからです。
そこで、令和2年から日曜日に変更をしましたが、3月の彼岸法要の前に住職が熱を出し、緊急事態宣言も出る頃でしたので、皆様に電話をして26日は一人で営む旨をお伝えしたところ、「4月5日はやりますか?孫たちが太鼓を叩けるのを楽しみにしているのですが・・」と、おっしゃる方があり、霊断もとって、悩みに悩みましたが行うこととしました。
毎年、「お菓子のいくた」のシュークリームとエクレアをお供物に差し上げておりますが、社長さんが配達に来てくれましたが、お店に帰って「大光寺に行ったら白蛇を見た。」と興奮しておられたと聞き、これもご利益だなぁと感じました。太鼓を叩いてくれた、保育園から中学校の子供たちのお陰ですね。