神秘の救い・・・九識霊断法(くしきれいだんほう)

南無妙法蓮華経のお題目の神秘と、人間の誰にもそなわっている第九識により、過去・現在・未来を見通し、運命を予知することができる日蓮宗に伝わる法術です。
未来を知ることにより、その願いを叶えるための対処方法が事前にわかるのです。
世の中には様々な悩み不安が渦巻いております。そんなとき間違った道を歩くのではなく霊断法により正しい道を歩けるよう御指導致します。



わからないことは、ほとけさまに相談

九識霊断法とは、例えばGPS衛星の情報が霧や雲を透して物の位置を正確に捉えるように、自分の運命が手に取るようにわかります。

この霊断法により困ったとき、迷った時、決めかねている時など人生のいろいろな場面で危機に接している時、その状況を好転出来るのです。

未来を予知するだけではなく、“改善点”を必ず見つけ、運命を好転させることを目的としています。

どんなことが相談できる?

・病気の悩み
病気は治るのか ・手術をして良いか ・この病院で良いのだろうか ・etc..

・家庭の悩み
夫婦関係 ・親子関係・嫁姑問題 ・子どもの将来 ・離婚、浮気のこと・家庭内暴力(DV)・金銭トラブル・etc..

・ 仕事の悩み
転職するべきか・会社の将来性・この人を採用して良いか・顧客との関係・交渉はうまくいくのか・etc..

・恋愛の悩み
いつ出会えるのか・この人と結婚して良いのか・暴力をうけている・別れたくない・etc..

・子どもの悩み
試験に合格できるのか・どこの学校が良いのか・いじめ、問題行動・ひきこもり・子どもを授かりたい・無事に生まれるのか・etc..

・人間関係の悩み
恋人や友人との関係・上司や同僚との関係・etc..

・その他
嫌がらせを受けている・大切なものを失くした・家のこと(引越し、購入、方位など)・事故、ケガが多くて心配・選挙で当選するのか・裁判に関すること・etc..

宗旨宗派は問いません。
どのようなことでもご相談ください。

倶生神月守り 一体 300円

毎月身延山で開眼・祈願し全国の聖徒団に届きます。

倶生神月守は宗旨(家の宗教)に関係なく、どなたでも持つことができるお守りです。「ぐしょうじんつきまもり」と読みます。倶生神(ぐしょうじん)とは、同生・同名(どうしょう・どうみょう)の二体の神様のことをそう呼び、いつもその人だけを守っている神様です。

人には必ず二人の天影の如くに添いて候。所謂一をば同生天と云ふ、二をば同名天と申す。左右の肩に添いて人を守護すれば失なき者をば天もあやまつ(誤る)事なし。』日蓮大聖人「乙御前御消息」より

 同 生 天 (どうしょうてん)
あなたの生命(健康)を守って下さる神さま。

 同 名 天 (どうみょうてん)
あなたの生活(経済)を守って下さる神様。

この二神の守護をしっかり受け止めるために持つのが「倶生神月守」です。安心・安全・幸運のために、倶生神月守を身に着けましょう。

大光寺霊断師氏名
住職 大 野  光 法昭和36年生まれ 大光寺聖徒団団長
大 野  光 顕昭和63年生まれ
大 野  光 経平成3年生まれ
大 野 寿 美  子昭和37年生まれ 寺庭夫人